【支援物資のお願い】 被災地へ私たちができることを!

画像:下呂市青年会議所Facebookより

先日の記録的豪雨の影響で、岐阜県内下呂市をはじめとする多くの地点で土砂災害や河川氾濫が発生しました。
依然、大雨予報が続いており、河川氾濫や土砂災害の危険性が高いとして7月11日時点でも警報が発表されています。
本来であれば、ボランティアとして被災地でお役に立てることもあるかと思いますが..現在新型コロナウイルス感染防止により下呂市では市内在住の方のみをボランティアとして募集しています。
*各自治体により、対応が異なります。
電話での問い合わせは混乱を招くため、各自治体のHPにてボランティア情報を確認しましょう!

"今"わたしたちにできることをしよう!と支援物資にて支援をさせていただこうと思っております。

・下呂市へ支援物資を!

先週は、微力ながら熊本県へタオルとカップ麺などの物資提供と、併せて災害支援に特化したサイト・スマートサプライを介しプロジェクトの支援をさせて頂きました。
今回は下呂市の青年会議所さんのご案内を通じ、「下呂市役所・危機管理課さん宛」に以下の物資をお送りしよう考えています。

1.皆さまからの支援をお願いしたいもの

○カップ麺などの非常食
○スプーン、割りばし
○軍手
○タオル
○土嚢袋
など
皆さんのご家庭にあるもので提供していただける物があれば、当団体InstagramにてコメントやDMからご連絡をお願いいたします。 

2.こどもトリニティネットが送る予定の物資

○マスク
○消毒用アルコール

【支援物資受付方法】

支援物資の受付は、岐阜市問屋町の事務所に直接持ってきていただくか事務所に送付していただける方とさせていただきます。
受付期間は来週の7月17日(金)を締め切りとさせていただきます。


・被災地の1日も早い復旧を

コロナ禍の中、直接的な支援は難しいところもありますが、私たちが"今"できることで支援し、皆さまの安全と被災地の一日も早い復旧を願っております。

皆さまのご協力をお待ちしておりますので、共感してくださる方がいらっしゃれば是非ご協力をお願い致します。

○下呂市青年会議所Facebook

こどもトリニティネット

岐阜の子育て世代によりそい、社会や自治体とのかけ橋となるよう、子育てに関する情報発信をしています。親・子ども・地域社会が三位一体となった「育児のしやすい・育児がしたくなる」まちづくりを行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000