【新型コロナ】 岐阜県内の最新情報と感染予防対策 (7月21日)

本記事は7月21日現在での状況をもとに作成しております。
一時岐阜県では新規感染者数0人が続き、日常生活を戻しつつありましたが最近また新規感染者が連日確認されるようになりました。
全国的に再び感染者が増加し始め、この夏さらに感染拡大する恐れもあると懸念されています。
今回は、みなさんに感染予防対策を再確認していただき、岐阜県内の最新情報を正しく知っていただけるよう、改めてお伝えしていきます。

・県内の感染状況

出典:岐阜県公式ホームページより

7月20日現在、県内では180名の感染者が確認されており、7名の死亡が確認されています。
4月下旬より新規感染者の確認は鈍化していましたが、県内では7月14日より連日新規感染者が確認されています。
また、7月18日 岐阜県岐阜商業高校ではクラスター(感染者集団)に認定され、文部科学省によると高校でのクラスター発生は全国初とされています。

・新しい生活様式を取り入れて!

以前、当HPの記事(記事はコチラ)でも取り上げましたが、岐阜市は、コロナ社会を生き抜くために、新たなライフスタイルの実践例として「岐阜市版withコロナ」のパンフレットを公開しています。
「岐阜市版withコロナ」 のパンフレットでは、以前の記事でご紹介した対応以外についても分かりやすくまとめられています。一度ご確認ください。
●岐阜市版withコロナ パンフレットはコチラ

・感染拡大防止のためにできること

厚生労働省では、"感染予防"に加え"感染拡大防止"について、私たちができることを公開しています。
現在、岐阜県内でもクラスターが発生していますが、集団感染を起こさないためにも以下の点に気をつけましょう!

1.三密を避ける

まず大切なのは、「三密」(密集、密接、密閉)を避けることです。
できるだけ、上記のような場所に行くことを避け、やむを得ない場合には、マスクをするとともに、換気をする、大声で話さない、相手と手が触れ合う距離での会話は避ける、といったことに心がけるようにしましょう!

2.手洗い・咳エチケットの徹底

手洗いや咳エチケットの徹底をするようにしましょう!
具体的に、咳やくしゃみをする際は、マスクやティッシュ・ハンカチ・袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることが大切といわれています。

・感染予防は引き続き徹底を!

新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」といわれています。
一人ひとりが一般的な風邪予防や健康管理をすることが何より大切です!今一度、予防方法は間違っていないか再確認しましょう。

①手洗い

基本中の基本の手洗い。通常の風邪やインフルエンザの予防法と同じくこまめに行うことが大切です。
ポイントは、石鹸をよく泡立て30秒程度しっかり洗うこと!!画像のように手首までしっかり洗いましょう!
また、手洗い後にしっかりと水分を拭き取った後、手指消毒剤(70%エタノール)での消毒もこまめに行いましょう

②咳エチケット

無症状での感染者が確認されているとの報告もあります。そのような状況で、いつ私たちがウイルスを保有している状態になるか分かりません。ほかの人にうつさないようにするためにも、咳エチケットを心がけましょう

③正しいマスクの着用

みなさんは、マスクを正しく着用していますか?口だけを覆って、鼻がマスクから出てしまっている方も見かけることがあります。鼻と口の両方を確実に覆うようにしましょう!

④三密を避ける

感染拡大防止の点でご紹介しましたが、新しい生活様式では、密を避けることが大切です。
何気ない普段の買い物や外出先で、気づけば"密"の状態になっていることも..屋内は特に注意が必要ですが、屋外でも密集・密接には注意が必要です。

・もしも、自分や家族に疑いがあれば...

厚生労働省は、今までの受診の目安を下記のように見直しました。
①息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
② 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
③上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
 
上記の場合には、最寄りの保健所等にある「帰国者・接触者相談センター」に電話相談をお願いします。
「帰国者・接触者外来」を紹介してもらえますのでセンターの指示に従い受診しましょう!
★新たに感染者を出さないためにも、あらかじめ電話相談することが大切です!

・岐阜県 新型コロナ対策サイト

岐阜県公認サイト「岐阜県 新型コロナウイルス感染症 対策サイト」では、岐阜県による公式情報をもとに分かりやすくデータがまとめられています。
さらに、県内の相談窓口についてもまとめられています。
日頃、身近な場所での感染者数を確認することも感染対策の一つとして大切なことです。こまめに確認するようにしましょう。

本記事は岐阜県公式ホームページ、岐阜市公式ホームページ及び厚生労働省ホームページの情報に基づき作成しております。

【参考】
●岐阜県公式ホームページ https://www.pref.gifu.lg.jp
●岐阜市公式ホームページ https://www.city.gifu.lg.jp

こどもトリニティネット

岐阜の子育て世代によりそい、社会や自治体とのかけ橋となるよう、子育てに関する情報発信をしています。親・子ども・地域社会が三位一体となった「育児のしやすい・育児がしたくなる」まちづくりを行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000